Recent Posts

カードローンのお得な利用法



カードローンを作りたいと思っている方、増額を考えている方、興味があるけど、どこで申し込めば良いか分からないという方は多いと思います。

そこでカードローンの中でも特に銀行系のカードローンをおすすめします。

銀行系 : みずほ銀行カードローン、東京三菱UFJ銀行バンクイックなど 信販系 : オリックスVIPローンカードなど 消費者金融 : アコム、プロミスなどこの中で狙い目は、銀行カードローンです。

銀行カードローンをお勧めするのには当然理由があります。

総量規制の影響は受けません。

「三菱東京UFJグループのモビット」と記載されていると、銀行カードローンと勘違いする人も多いかもしれません。

銀行によっては、ATMだけでカードローンを作成可能にしているところもあります。ATM利用などで、払い出し、入金もできるようになっていますし、かなり便利になっているのです。

小額商品、高額商品、金利・保証会社が異なる商品(銀行は保証会社を数社扱っています)などです。カードローンほど、限度額が小さく設定される傾向はありますが、上限が高く設定されている商品も揃えています。

限度額が大きいほど、金利は低く設定されているケースが殆どです。銀行カードローンを敬遠していたと言う方がいれば、一度検討する価値は充分にあると思います。



ほかには何を基準にカードローンを選べば良いのでしょうか?カードローン選びの第一歩は金利!と言いたいところですが、“使い方”と“限度額”です。

使い方で選ぶというのは、例えば、今日直ぐにお金が必要な場合、銀行カードローンでは間に合わない可能性があります。

時に、限度額10万円しか借りられないカードローンを作っても仕方ありません。ためにカードローンを作っては、手続きも返済も大変です。

利用方法、金利etcで選ぶというのは、返済額(無理なく返済出来る金額である事)、返済日(返済日が給料日前では後々絶対大変です)、申し込み方法(インターネット?電話?窓口?)、利用方法(使えるATMの数、返済の方法、手数料など)、そして金利です。



正直、カードローンの金利は設定額が高額な商品でなければどこも変わりません。

アドオン方式よりも元利金等方式の方が支払い金利が低くなりますので、注意して下さい。

アドオン方式は当初借りた金額に対して金利が掛かります。

元利金等方式は、残高に対して金利が掛かります。

アドオン方式には色んな種類があるので、計算してみて下さい。

カードローンは意外と低金利なのが分かると思います。

一見高そうに見えるカードローンの金利ですが、そんなに高くありません。







中古車買取と下取りの査定ではどちらが高額か






愛車をずっと大切に乗ってきてもいつかは手放すことになる場合があります。買い替えをしたりすることになると、愛着のある車であっても維持をしていくのも大変なので、できればうまく売却したいものです。
事故や水没で動かなくなった車は査定してもらえる?
そこで、どこに出すのがいいのかということが気になるでしょう。
私の経験からは最近かなりたくさんある中古車買取業者に一括で査定をしてもらって、一番高く評価をしてもらえるところに売るのがいいといえましょう。以前、買い替えを検討したときに、それまで乗っていた車をディーラーの下取りとして見積りを出してもらったことがあります。しかし、あまりにも価格が低く、がっかりしました。そこで複数の中古車買取業者に査定を依頼してみると、その3倍の価格を提示してくれるところがあったのです。ですから、買取業者に出すというのがいいと思ったのです。





借り換えの場合、総量規制対象






おまとめ一本化する場合、総量規制が適用される、消費者ローンでも例外規定があるので借り換えローンが可能となる可能性があります。オリックス銀行カードローンは銀行の発行するカードローンで低金利でウェブで申し込みOKです。今借りてる金利と比較しておまとめローンを考えてみるのも選択肢の1つですね。キャッシングの利用には、免許証や給与明細などが必要になってくるので、さきに用意しておくとスムーズに借入審査にうつれます。多くの業者に借り入れしていることを多重債務といいますがそのときこそおまとめローンを上手に利用することで金利以外にもメリットが活かせます。キャッシングはとても便利で急な出費があって予算オーバーな時に即日融資を受けられるサービスもあります。
住宅ローンのシミュレーション
カードローンを利用中に返済し終える時期、利息と返済総額をちゃんと計画している方は少ないと思います。





消費者ローンの返済






銀行カードローンの返済方法は一般的に返済期日の借入残高に応じた一定額です。しかし、まとめて返済するボーナス支払いをできる会社もあります。消費者金融のカードローンを借りる場合、自宅に明細が届きますが、ローン契約機などで書類の送付なしで利用できる仕組みに切り替えることもできます。
カードローンの借入可能額はどうやって決まる?
カードローン借り換えの申込時の審査がありますが収入状況、総借入件数、これまでの事故情報、などが重視されるようなので注意して下さい。低い金利のおまとめローンにまとめるのが一番ですが、おまとめ金額が大きくなると審査が通るかどうかのデメリットがうまれます。銀行以外のカードローンの場合、貸金業法によって、金額が50万円以上または合計100万円を超える場合、借り主の所得証明書の提出が条件となるので審査内容も厳しくなります。のりかえローンは借金返済に困っている方に、借り換えローンで複数の借り入れを一本化することで毎月の返済額の負担を軽くするローン商品になります。